Hiro's Note

Hiro's Page - Sings and Plays
To Hiro's Video Page "Sings and Plays" ↑Click picture

Hiro's Special Live 2017

Date: 2015-01-08 (Thu)

☆新着動画
2月23日のソロライブからChick Coreaの"Armando's Rhumba" お送りします。
http://www.youtube.com/watch?v=x7ofB1ouBVs

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Live schedule up dated / July22-Aug 2017

☆7月22日(土)-23日(日) 高松 / 瀬戸内サマーフェスタ
22-「ミュージック クルーズ」
23-「真夏の夜の夢」高松港 特設ステージ
Hiro川島(Tp&Vo) 増田実裕(P) 古市英幸(B) 大野健次(Ds)

☆7月25日 (火) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
銀座三井ガーデンプレミアHotel 16Fラウンジ"KARIN"
8:00-3Sets 03-3543-3153
Hiro川島(Tp,Vo) 清水ゆかり(P) 蛯子健太郎(B)

☆7月26日(水) Hiro川島"Sings and Plays" Quartet
表参道 Jazz−Bird(ジャズ・バード)
03-5474-2702 http://www2.ttcn.ne.jp/~jazzbird/
Hiro川島(Tp & Vo) 遠藤征志(P) 中津裕子(B) Iwan Buchy(Ds)

☆7月30日(日) Hiro's サンデー・ジャムセッション
表参道 Jazz−Bird(ジャズ・バード)
プレイヤー¥2,500 リスナー&見学¥2,000(いずれも2ドリンク付)
ホスト・バンド: いつもの Hiro川島(Tp)杉山美樹(P)蛯子健太郎(B)
セッション時間:19:30〜22:30pm(予定!)
http://www2.ttcn.ne.jp/~jazzbird/

☆7月31日(月) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
昭島 フォレストイン昭和館
ラウンジ 「ダコタ」マンデーナイト ジャズ 8:00pm-3セット
ヒロ川島(Tp & Vo) 河野三紀(P) 山口雄三(B)
http://www.showakan.co.jp/restaurant/rt_dakota/dakota_jazz_night/

☆8月1日 (火) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
銀座三井ガーデンプレミアHotel 16Fラウンジ"KARIN"
8:00-3Sets 03-3543-3153
Hiro川島(Tp,Vo) 杉山美樹(P) 蛯子健太郎(B)

☆8月2日(水) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
駒場 ビストロ エガリテ Special Dinner Live (予約は終了しました)
Open:6時45分 Dinner:7時より Live:8:30(予定)
場所: 東京都目黒区駒場1-16-9 片桐ビル1F
Hiro川島(Tp & Vo) 遠藤征志(P) 中津裕子(B)

☆8月4日(金)[SWEET NAILS] 8:00pm-3Sets
表参道 Jazz−Bird(ジャズ・バード)
03-5474-2702 http://www2.ttcn.ne.jp/~jazzbird/
Hiro川島(Tp) 近藤淳(Vo)若林稔(P)
石井朗(B)宇都宮荘太郎(Ds) 

☆8月5日 (土) 「Love Notes Live 」at 広尾 明治屋2F
OTO-YA HIROO 夜の部

☆8月8日 (火) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
銀座三井ガーデンプレミアHotel 16Fラウンジ"KARIN"
8:00-3Sets 03-3543-3153
Hiro川島(Tp,Vo) 清水ゆかり(P) 蛯子健太郎(B)

☆8月11日 (金) 「Love Notes Live 」at 広尾 明治屋2F
OTO-YA HIROO 昼の部

☆8月14日 (月) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
自由が丘 "ハイフン" 7:30pm〜
東京都 目黒区 自由が丘 1-26-9 三笠ビルB1
http://r.goope.jp/hyphen
Hiro川島(Tp,Vo) 山見慶子(P) 水橋 孝(B)

☆8月15日 (火) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
銀座三井ガーデンプレミアHotel 16Fラウンジ"KARIN"
8:00-3Sets 03-3543-3153
Hiro川島(Tp,Vo) 杉山美樹(P) 蛯子健太郎(B)

☆8月18日 (金) Hiro川島"Sings and Plays" Duo
銀座三井ガーデンプレミアHotel 16Fラウンジ"KARIN"
8:00-3Sets 03-3543-3153
Hiro川島(Tp,Vo) 吉幸寺智子(P)

☆8月22日 (火) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
銀座三井ガーデンプレミアHotel 16Fラウンジ"KARIN"
8:00-3Sets 03-3543-3153
Hiro川島(Tp,Vo) 清水ゆかり(P) 蛯子健太郎(B)

☆8月23日(水) Hiro 川島"Sings and Plays" Duo
神楽坂 もりのいえ / Mori no ie
Hiro川島(Tp&Vo)+ 大橋高志(P)
新宿区神楽坂3−6 Tel:3260-1219
http://www.kagurazaka-morinoie.com

☆8月25日 (金) Hiro川島"Sings and Plays" Duo
銀座三井ガーデンプレミアHotel 16Fラウンジ"KARIN"
8:00-3Sets 03-3543-3153
Hiro川島(Tp,Vo) 嶋津健一(P)

☆8月27日(日) Hiro's サンデー・ジャムセッション
表参道 Jazz−Bird(ジャズ・バード)
プレイヤー¥2,500 リスナー&見学¥2,000(いずれも2ドリンク付)
ホスト・バンド: いつもの Hiro川島(Tp)杉山美樹(P)蛯子健太郎(B)
セッション時間:19:30〜22:30pm(予定!)
http://www2.ttcn.ne.jp/~jazzbird/

☆8月29日(火) Hiro川島"Sings and Plays" Trio
銀座三井ガーデンプレミアHotel 16Fラウンジ"KARIN"
8:00-3Sets 03-3543-3153
Hiro川島(Tp,Vo) 杉山美樹(P) 蛯子健太郎(B)

☆8月30日(水) Hiro川島"Sings and Plays" Quartet
表参道 Jazz−Bird(ジャズ・バード)
03-5474-2702 http://www2.ttcn.ne.jp/~jazzbird/
Hiro川島(Tp & Vo) 清水絵理子(P) 中津裕子(B) Iwan Buchy(Ds)

☆9月1日(金)[SWEET NAILS] 8:00pm-3Sets
表参道 Jazz−Bird(ジャズ・バード)
03-5474-2702 http://www2.ttcn.ne.jp/~jazzbird/
Hiro川島(Tp) 大森真 (As&Fl) 近藤淳(Vo)若林稔(P)
石井朗(B)宇都宮荘太郎(Ds) 

What's new !

Date: 2011-09-05 (Mon)

最新CDアルバム好評発売中!
Hiro川島 Sings & Plays "I Remember You" (TEMC2317)

i remember you



ジャケ裏です

i remember you2



【Hiro Kawashima 新譜 Sings & Plays『I Remember You』NOW ON SALE!】
メロウなトランペット&クールなヴォーカル。亡きチェットへのオマージュ〜音楽仲間たちへのリスペクト〜そしてオーディエンスへの想い。Hiro川島のハートのすべてをこの言葉に託して…「アイ・リメンバー・ユー」

☆"Creative note from Hiro Kawashima"
スタンダード・ジャズを演ったり歌ったりしていると、プレイヤー同士のインタープレイに加えて、時としてオーディエンスとの独特の一体感..が生まれる事があります。それは、お客様の多い少ないとは関係なく、あるいはただ会場が賑やかに盛り上がるという事だけでもなく、また全員が歌詞の意味を理解していなくても言わばその歌の周波数というか本質の様なものを共有出来た...そんなモーメントを感じる事があるのです。
それは何よりスタンダードの名曲の全ての中に「I Love you」という人間の普遍的なテーマが、様々な美しさをもって散りばめられているからなのでしょう。

今回のCDアルバムはそんな私の日常のライブレコーディングが収録されています。毎晩クラブのステージに立ち、スタンダードのラブソングを歌いトランペットを奏でる。でも昨夜と今日ではアプローチが違います。それはジャズというアート・フォームと、そしてオーディエンスが我々に与えてくれる言わば "Magic" 。CHETは生涯を通してスタンダードを歌い続けた事で、私達にその事を教えてくれています。

良いライブ。そこには音を作るエネルギーと音を楽しむエネルギーがバランスよく存在しています。それは何にも代え難い幸せな空間です。そして、更に重要なのがミュージシャン同士のエネルギーです。特筆すべきは今回このアルバムを出す上で協力してくれた 5人のピアニスト、3人のベーシスト、2人のドラマー。そしてギタリストとチェリストです。彼らのエネルギー無くしてこの作品は存在し得ません。ライブ独特のCozyな空間とそれぞれのミュージシャンが見せる美しいモーメントこそこのアルバムの大きな聞き所です!

収録曲は"My Old Flame"からイヴァン・リンスの"Love Dance"まで 時代を超えたスタンダードの名曲達。また、いつもリクエストをいただく "You'd Be So Nice To Come Home To" やインストではイタリア語で「夏」を意味する "Estate"など、7曲を厳選しました。
タイトル曲の "I Remember You" は勿論 CHET に対するオマージュと同時に、かけがいのない音楽仲間と、いつも変わらず応援して頂いている皆様に対する気持ちを込めて、アルバムのタイトルにしました。
Thanks as always,
-hiro

商品の購入はこちら:

Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B06XPGQTCD/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1493691859&sr=8-1&keywords=TEMC-2317
iTunes(JP)
http://itunes.apple.com/jp/album/i-remember-you-live/id1217903696?app=music&ign-mpt=uo%3D4
iTunes(US)
http://geo.itunes.apple.com/us/album/i-remember-you-live/id1217903696?mt=1&app=music
cd baby
http://www.cdbaby.com/cd/hirokawashimaandohtasan1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆LIVE REVIEW 2017
Hiro Kawashima Solo Live Spring 2017
at Art Cafe Friends on Feb.23 2017
恒例春のソロライブ。富士山の日に恵比寿アートカフェにて。
Photo: Miki Saito
ライブのハイライト編(約20分)をUpしました。是非ご覧ください!
http://www.youtube.com/watch?v=Pw5OhsKCMS4

2/23/2107



2/23/2107


George Nakajima on Piano 中嶋錠二

2/23/2107


Yoshimasa Ootsuka on Bass 大塚義将

2/23/2107


Yoshiyuki Nakaya on Drums 中屋啓之

2/23/2107


満員御礼申し上げます。
ありがとうございました!

............................................

☆LIVE REVIEW 2016
Special Live "HIRO meets AYA" at Tokyo Club Meguro on Jul.6th

aya


満員御礼と素晴らしい盛り上がり!最高の一夜でした!
皆さんありがとう。そしてAya、お誕生日おめでとう!ーhiro

2015923



2015923



2015923



2015923



2015923



2015923



2015923




☆2015 9/23 "Sings and Plays" Live Video Clips
9・23恵比寿ソロライブ満員御礼申し上げます!

今回のご機嫌メンバー!

2015923


遠藤征志(P) Hiro川島(Tp,Vo) 中津裕子(B) 村田憲一郎(Ds) 里村ヨシカズ(Perc.)

"Look for the silver lining"。ステキな歌詞も付いているが、僕は演奏でやる事が多い。二分音符と四分音符ばかりの他愛の無いメロディだけど演ってるだけで自然に愉快になる不思議な曲。皆んな鼻歌や口笛でも吹くように気楽なソロをしてくれる。歌の内容を説明しなくても、なぜか曲が終わると演るほうも聞く方も同様にニコニコしている。
Click!→ http://youtu.be/WxYSmvBsN2c

2015923



"Blame It On My Youth" は演る度に少しずつ曲のイメージが変わってゆくので楽しい。
スタンダードの名曲はハーモニーの進行が美しいから、そこに身を委ねるだけでいつまでも吹いていたい気持ちになる。
Click!→ http://youtu.be/rBG9hABTM8M

2015923



次回の"Sings&Plays"ライブをお楽しみに!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆3/30のソロライブからClip届きました!
In Memories of Massimo Troisi and Philippe Noiret
「IL POSTINOのテーマ」
Click→ http://youtu.be/ZcaEIIpSAHA

「You'd be so nice to come home to」
Click→ http://youtu.be/fQ3mlveoAAY
Hiro Kawashima Plays & Sings "You'd be so nice to come home to"(Cole Porter)
Hiro Kawashima (Trumpet, Vocals) Seiji Endo (Piano) Hideo Kawahara (Bass) Hidehiro Kanaizuka (Drums) Live at Ebisu Art Cafe Friends on March 30th 2015

YBSNTCHT


member


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回のソロライブをお楽しみに!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆映画「セッション/Whiplash」に関して

昨年から邦訳監修で関わってきた映画「セッション」原題 ”WHIPLASH”がアカデミー賞で3冠を獲った。この映画、ジャズドラマーを目指す向う見ずな19歳の少年とNYの有名音楽学校の鬼教師の、常軌を逸した葛藤と対決の物語で、ジャズ映画と言いながら実は最高に怖いサイコ・ホラー・バトル・ムービーだった!?(注:以下には作品内容の詳細に言及する部分があります。)

Whiplash


これまでジャズ映画と言えば古くはベニーグッドマン物語からC.イーストウッドの「Bird」。B.タベルニエの「ラウンド・ミッドナイト」B.バイダーベックの生涯を描いた「BIX」、サミーディビスJrのラッパ吹きの話もあったなぁ..タイトル失念!あと、Spike Leeの「Mo'better Blues」そして何より1989のグラミー賞にもノミネートされたChetの美しき名作「レッツ・ゲット・ロスト」など枚挙に暇がないが、それらのどれもが言わば愛すべきジャズ・イノベーターへのリスペクト、或いはジャズに生きる人間の数奇な人生に対するオマージュから生み出された作品が多かったように思う。
しかし、今回の"Whiplash"はそんないわゆるジャズ映画から見れば明らかに"異端"だ。助演男優賞をとったJKシモンズ扮する鬼教師は、二重人格者のサイコ野郎だし、マイルズ・テラー扮する主人公の少年ドラマーはそれこそ世界中の女性から反感を買いそうな薄情モノ。そんな言わば「あぁ勘違い」の2人が繰り広げるバトル・ストーリーはまさにアドレナリン出まくり系ムービーなんだけど、それを"ジャズ"という魔法のベールで包む事で、子供にはまるでちょっと背伸びしてオトナの映画を楽しんでいるみたいな錯覚を起こさせるかもしれない。ヒップホップやポップスしか知らない子供にとっては「俺ジャズ映画観てきたんだぜー!」って友達に自慢したくなるだろう。何であれエリントンの名曲 "CARAVAN"がひとたび大音量のビッグバンド・サウンドで炸裂すれば、劇場は即座にコンサート会場と化し、年齢性別敵味方 関係無く不思議とニュートラルで上質な一つ「上」の周波数に包まれるわけだから。これががミソ。ビッグバンド・サウンドにはそんなマジックがある。
そもそも一般的に「ジャズ」というワードを聞くと、何か特定の音楽スタイルを連想させるかもしれないけど、実際のジャズの世界にはそれこそ演奏家の数だけ音楽表現があるわけで、例えばこの映画でメインに取り上げているのは、ジャズの演奏フォーマットの中でもいわゆる「ビッグバンド・ジャズ」という、ドラムスとホーンセクションのショーケースとも言えるアンサンブルに比重を置いた演奏形式であって、そのサウンドでは決められた旋律やハーモニーを個々の楽器が完璧に合奏する事においてグルーヴを出して行くために、当然その練習段階は音が揃うまでは不快な雑音でしかないわけで、更にその過程には「規律」に基づいたバンドリーダーの「統率力」が不可欠となるわけだ。 かたや、この映画の中盤でNYの街角の小さなクラブでピアノトリオ+1(ピアノ-ベース-ドラムの3人+Perc.)が静かに演奏をするシーンがあるけれど、これはこれでジャズの一つのスタイルだ。そこにはビッグバンドのようなスコアに書いてある決め事ではなく、プレイヤーが即興的に音楽的やりとりを楽しむ、よりリラックスしたサウンドがある。
序盤からの展開で、断片的で未完成な練習シーンを交えて先ずは「不協和音」を聞かせて「不満感」を掻き立て、執拗で不条理な暴力シーンで「緊張感」を嫌というほど高めた後に、NYの街角で静かなボサノバ・タッチのピアノジャズを何気に聞かせて観客もろとも気を緩ませたかと思いきや、最後にはシャープなドラムソロから劇的なビッグバンド演奏でカタルシスを図るという....まったく! !!このディミアン・チャゼルという監督。脚本もユニークだが、一見とても狭い世界を描いた2時間の中でジャズの多様性までをも巧く利用した音の使い方。この技...若干28歳とは思えない才覚が見える。
.....ところで、この映画を初めて見た時に僕は中学時代に、ブラバン・コンテストのステージ裏で他校の男子がトランペットで高い音をミスして 監督に思いっきり頭をひっ叩かれて「本番で又やらかしたらこれじゃ済まねえぞ!」と凄まれている現場に遭遇したことを思い出した。で、自分も部活の教室で吹いていて後ろから誰かがふざけてぶつかってきて、マウスピースで口を切った事がある。だからこのストーリーの中で展開する叱咤や言葉の暴力が、特に「他の惑星」での話とは感じなかった。.....多くの子供達が自ら楽器に憧れ、それをやっと手にした時に、そこに求めるものは音楽の芸術性や美しさなどではない。ラッパで言えば人より「高い音」を吹く事。タイコで言えば人より「速く」叩くこと。誰もが先ずそれに惹かれるのだ。そしていつの日か"運よく"正しい先生に当たれば、"楽な高音"の出し方や"力を抜いた"バチ使いを教わることが出来るかもしれない....しかしながらそんな幸運は誰にでも訪れるものでは無い。結局はその正しい演奏の方法論を自分でなんとか見つけない限り.....いずれ破綻が待っている。だから殆どの人が道半ばにして音楽の道を諦めてゆく。だいいち全ての音楽教師があらゆる楽器の最新の奏法に精通している由もないし、実際彼らに出来る事といったら、近道など無いこの一生の課題に対してせいぜい"モチベーション”を与える事くらいじゃ無いだろうか。日本にも昔は感情的になってチョークや指揮棒をおもいっきり投げつける音楽教師なんて普通にいたしね。まあ、そこで何かを得れば意味があるし、そうでなければある意味不幸ではあるけど、まあそれも現実というものだ。
公開後の反響が楽しみなこの作品だけど、昨年の秋のザ・ニューヨーカー紙の辛辣な記事辺りから始まった米ジャズ評論の本作品に対するバッシングが、何やら「全てのジャズミュージシャンよ、プラカードを持て!」と言わんばかりのヒステリックなキャンペーンになっていて、ちょうどここ2-3日の間にシンガポールとNYの音楽仲間から「この映画はひどいぞ、絶対観るな!」といった、何か「不幸の手紙」のようなFBコラムが続けざまにポストされてきた。二通の内容が似ていたので多分何か事情があっての事なんだろうけど、内容としては「この作品はジャズの偉大なる尊厳に資する事無し」といったような事だ。まあ、言いたい気持ちは分からなくも無いけど、あなた達ももうちょっと童心に還れないものかなぁー。これは映画。そもそもが"ハリウッド"ムービーであって 所詮「もしも◯◯◯だったら....」というファンタジィの世界。フィクションなんだから、色々現実的とは言えない展開やエピソードのデフォルメ等もある。....そもそもこの映画を観る殆どの人は「ジャズ」という言葉など多分自ら一生口にする事の無かった筈の人達だ。それが前提であって、プロのプレイヤーから見れば突っ込みどころも満載かも知れないけれど、それらの全てはこのデイミアン・チャゼルという監督がこのストーリーに用意したギミックとみなして、一緒に吹き出したり、大声で笑ったり、「嘘だろ〜?」「ひどーい!」と素直にその罠にはまってあげましょうよ。この映画は、いわばジェット・コースターみたいなもの。動き始めたら最後まで素直にスクリーンの中の世界を楽しむ事です。そうすれば多くの人達はその言わばカタルシスとしての結末を楽しめる事でしょう!
と言う事で....この作品だけはなるべく余計な先入観は捨てて、是非音響システムの充実した「劇場」で体感して欲しい。DVDが悪いわけではないけれど、PCやタブレットでポーズボタンで中断しながら観るのはお奨めしません。そして何よりも、先述したような気味の悪いブラック・メールを信じて「見なくていいやー」....にはならないように!
僕も音をあらためて聴きたいから公開になったら劇場でもう一度観たいし、あと....本番で演奏をしているこの映画の「影ドラマー」が気になる。これ、誰なんだろう。スタッフに聞いても誰も知らないというし。しかしサントラのサンプルでCaravanの冒頭とかを聞く限り腕はなかなかのものだ。で、やっと本編エンドロールのSpecial Thanksに小さく "Stanton Moore"のクレジットをみつけたんだけど....CDが出たらこれだけは確かめたいな。

さて、もう一つ情報を。ちなみにUSではこの映画のBlu-Rayディスクが既に出ていて、それに「タイムキーパーズ」という特典映像が付いている。これはChad Smith, Simon Philips, そして我らがPeter Erskineといったトップ・ドラマーを筆頭に10人くらいのワールド・クラスのドラマー達が、幼少期にドラムを始めたきっかけや機材の事から練習の実際などを取材した40分に渡るクリップだ。本編の "ハジけた"ストーリーとはほぼ無関係の至って生真面目なインタビュー集だが、この映画を観た後のクールダウンにはまさに最適の付録動画だと思った。邦訳に手間もかかるからたぶん日本版パッケージには付属してこないんだろうなー。この予想は外れる事を願うけど。

Timekeepers


...ということで、この映画、最近ヨーロッパの国々でも順次封切られて、パリ辺りでは毎回映画劇場がスタンディング・オベーションの嵐だとの噂も!。助演男優賞を獲ったJKシモンズも勿論素晴らしい演技だけど、展開の中で少しづつ表情を変えてゆくマイルズ・テラーの絶妙な演技にも注目。とにかくジャズとか興味が無くても素直な気持ちで体験して欲しい映画です。繰り返しになるけど、荒削りな演奏シーンや暴力、非常識な行動や暴言の連続がこの作品を「音楽を粗末に扱った乱暴な作り」にみせるのだけれど、むしろ僕は、この若い監督が「限りある時間と金」を、ツジツマやテーサイを整える事よりも、自らの"意図の実現"に向かって全てを燃焼したその製作姿勢に、何か「潔さ」のようなものを感じるのです。皆さんは如何でしょうか?
日本では4・17に新宿のTOHOシネマの新装開店の記念映写を皮切りに全国で始まります。
☆公式サイトです→ http://session.gaga.ne.jp/
☆Blu-Ray付録のTimekeepers のサワリだけ見れます... http://youtu.be/wuvfBwVF9pw


//////////////////////////////////////////////


☆特報!!私のファースト・ソロアルバム"WAVE"が遂にダウンロードでお求めになれることとなりました。伝説的ウクレレ奏者Herb Ohta (OHTA-SAN)とトランペットという、ジャズの歴史にも例の無いコラボが、ホノルルの"レイン・フォレスト・スタジオ"で実現しました。珠玉のスタンダードとボサノバ全10曲。
"WAVE" -A collaboration album by myself and most famous ukulele legend Herb Ohta (Ohta-San). Now on download site!!

WAVE


[WAVE] Promotional Clip (EPK)
http://fandalism.com/hiro023/cSU1
↓試聴及びダウンロードはこちらから↓
Sample & Download
☆ CD Baby
http://www.cdbaby.com/cd/hirokawashimaandohtasan

Ohta H

ウクレレ・レジェンド Herb Ohta さんと。
☆LN in HawaiiからインストでBARBADOSをご覧ください。
Click→ http://youtu.be/ZNKIPLagiww

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆CLIPS FROM THE EVENT "THE PACIFIC JAZZ PROJECT 2014"

9月16日恵比寿の"Art Cafe Friends"で開催されたNori Tani(Fl&Sax)氏とのコラボ企画"The Pacific Jazz Project 2014"のライブから動画をご覧下さい。
☆"Pioggia Sul Deserto"
クリック→ http://fandalism.com/hiro023/dhAN

PJ4



/////////////////////////////////////

☆Sings and Plays "I Wish I Knew"
クリック→ http://fandalism.com/hiro023/dhZG

PJ1


/////////////////////////////////////

☆"Portrait In Black and White"
クリック→ http://fandalism.com/hiro023/dial

PJ2



/////////////////////////////////////

☆Sings and Plays "My Old Flame"
クリック→ http://fandalism.com/hiro023/dhAP

PJ3



///////////////////////////////////////

☆Hiro川島のオリジナル曲"PAVANE(パヴァーヌfor Chet)は再生15,000回を突破しました!Thank you so much!!
(from"STB139LIVE"Dec.19,2013)
クリック→ http://fandalism.com/hiro023/cEL0

LNSUCD


"PAVANE"のスタジオ録音版は"Love & Light"↓に収録しています!

☆Love Notes Special Unitの最新アルバム
"Love & Light"のお知らせ。

LNSUCD


2013年1月に始まったLAレコーディング、そしてレコ発ツアー。様々な奇跡と偶然に充ちた本当に楽しく充実した半年間だった。
最新アルバム"Love & Light"は、Jazzを題材に人達が国境や言語、人種を越えて心のより深いところで感じたり、共鳴が出来るような作品を目指しました。是非一度お聴きください!-Hiro
試聴&ダウンロードは…
http://www.cdbaby.com/cd/lovenotesspecialunit
Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B00COIYQQA/ref=tsm_1_fb_lk
NEW CDのPVです。ご覧ください。
http://youtu.be/-LWewLARKk8
LAでのアルバム製作ストーリーはこちら…
http://hirokawashima.sblo.jp/article/61683800.html
//////////////////////////////////
オマケ動画はトランペット奏者だけに贈る"俺"流10秒間ウォーム・アップ法。勿論リハや楽屋で十分に時間をとって音出しするのが基本だが、ステージ直前の緊張はちょっとした儀式で解れるもの。いわゆるハイノートヒッターは別だろうけど、ボクはLo-GからHi-G位までリップのコントロール感とフィンガリングの感触だけ確認しながらなるべく軽いアタックで出してみる。貴方も自分の儀式としてのWU法を見つけて下さい。ではGood Luck!
クリック→ http://fandalism.com/hiro023/decZ

LNSUCD

Live Review 〜 2013

Date: 2010-05-09 (Sun)

LOVE NOTES SPECIAL UNIT JAPAN TOUR 2013
Maki Inouye(Vo),Hiro Kawashima(Tp),Nori Tani(As,Fl),Halord Danko(P),Peter Erskine(Ds),Yutaka Yokoyama(B)
☆Jz-Brat Sound of Tokyo May 17 2013

Jb1


L-R Halord,Hiro,Yutaka,Maggie,Peter,Nori

Jb1


L-R Anri,Maggie,Hiro,Bebe,Nori

Jb1




☆Osaka Royalhorse May 18 2013

Jb1



Jb1




☆Takamatsu Sunport Hall May 20 2013

高松1


高松2


高松3


大西秀人高松市長を囲んで・・

高松4




☆STB139 May 23 2013

STB1


STB2


STB3


"Love & Light"発売記念ツアーは、Jz-Bratを皮切りに1週間。最終日は再度東京で「STB139」で終了。全ての公演が「満員御礼」というこれ以上無い素晴らしい結果のうちに終了しました。ご来場いただいた皆様に改めて感謝の意を表します。本当にありがとうございました!!-Hiro

L&L


HRCB1


HRCB2



Message to Hiro